Tuesday, April 30, 2013

グループプロジェクトって難しいね

どこでもある、グループプロジェクト。アメリカの大学も例外ではありません。むしろ、けっこうチームで何かする事がやたらと多い。

そこで、問題なのがグループメンバー、、、経験上から言うと、大体の人は全然課題をやってこない。誰がここをやろう!と決めてもやってこない事などは多々、、、けっこうしっかりとやってる者としてはイライラとさせられます。最終的にメンバーの分までやらないといけない事など頻繁。

今学期も終わりに近づき、プロジェクトの提出期限も間近に迫り皆で取り組んでいるのだが、ファイナンスのクラスのチームメンバーが本当に何もしない。いや、知識がなくて何も出来ないと言ったほうが正しいかな。 締め切りの2日前になって ”何をしていいか分かんない” を連発してきて、こっちとしては ”は??” と言ってやりたくなった。
あれだけ前にしっかりと伝えといたのにーー。かなりイライラして、態度に少しでていた自分ではありますが、最後には落ち着いて普通にやり取りをした。

結果から言うと、自分がほとんどのパートをやる事に、、、まあ、初めから予想していた事とはいえやっぱりムカついたり、残念な気持ちになる。自分でメンバーを選べない時があるのでその時はどうしようもない。今回は完全に自分の人選ミス。あいつならやってくれるだろうと思い込んでしまった。

次回には気をつけてメンバーの選出をする。

Sunday, April 28, 2013

マラソンまで1週間!!

とうとうマラソンの日が1週間に迫った。

正直言うと、、、、、、準備不足に加え、膝の調子悪い、、

これは俗に言う死亡フラグでは???

練習の進み具合が上手くいかず、途中で計画を変えざるをえない日々が多々あった。主に膝の調子が悪かったのと、体が思った以上に出来ていなかった。マラソンの練習に耐えられる体ではなく、ハーフの練習までしかできないような状態だ。ハーフを実際に走る時は、ペースさせ守れば、けっこう余裕を持ってゴールできるので、それ以上走れるのはわかっている。

練習は当初、3時間走るのは2回くらいやりたいと思っていたが、最高で2時間30分くらいであった。それで本当に疲労困憊の状態になってしまった、、、、

と言い訳ごちゃごちゃ言っていてもレースでは何にも変わらないんで、この短い期間で精神的に余裕をもち、プラス思考でレースには臨むつもり。いつも100%準備万端で臨めるなんて事はない。その100%でない状態でどれだけ最高の結果をだせるかに焦点を当てる。

マラソンだけでなく、今学期も終わりに近づいており、課題が山程でてきたり、期末試験に向けて、勉強をしたりと忙しい時期でもある。最近はすこし、だらけて、課題を先延ばしにしていたが、今日きっちりとやるべきものを終わらせられた。ただ、終わったのではなく、時間をあまり無駄に使わず、パッパと出来た。やっぱり集中してやると違うなと実感。(想像以上に課題が簡単だったのも理由の1つ)

夏にインターンも決まっており、楽しみである。その夏に気持ちよく入るためにも今学期を締めくくる。



Wednesday, April 24, 2013

本をもっと読んだほうがいいな

えーーと、突然ではありますが、もっと読書の時間を増やしたほうがいいなと感じました。

というのも、チャーリータカさんという投資家をフェイスブックでみていると、年間300冊突破 というポストが、、やはり、成功している人は読書の時間が必ずと言っていいほど多いなと痛感。とても、忙しい日々を送っていると想像するが、その中で成功している人は、本を読む時間も作りだすので、自分みたいな大学生なら、きっちりと決まった時間を作って本を読もうと決めた。

今、何冊か読み終わっていない本があるので、それらをまず始めに読む.The Willpower Instinct   と読ばれている本で、日本でもだいぶ有名だと聞いている。日本語訳ではたしか スタンフォードの自分を変える教室 だっとと記憶している。まだ、最初の章をさえ読み終わっていない状況ではあるが、それでも学ぶものはあった。自分達のいう ”意思” とは何か、何故意思が弱いのか、意志が弱いとはそもそもどういうことなのかが、詳しく説明されている。

これが三日坊主にならないよに、継続的に読書を続ける。

この学期もあと2週間と期末週間だけで、あっという間に終わってしまう。最後になって、また忙しくなってきているが(特にエッセイの量が凄く増えた)、その中でも時間を見つけて読書はする。

Sunday, April 21, 2013

インターン先決定


とうとうインターン先が決まりました。長かったと言えば、長く感じる日々でした。自分ではどうしようもなく、ただ結果を待つだけの状態だったので、すこしイライラしていました。

さて、インターン先ですが、ニューヨーク市ではなく、マレーシアにある投資会社で働く事になります。アメリカで学生をしているにも関わらず、そこで、働かず、アジアに行くのかい!と皆に言われそうですが、色々な選択肢から自分が選んだ最高のものであると確信がある。世界金融の中心であるウォールストリートや大手会計事務所といった有名な会社でのインターンを最初は望んでいたが、アメリカではおそらく卒業後に働くので、その前に他の世界を見ておきたかった。日本で生まれ育ち、アメリカで現在勉強中。先進国での経験はあるけれど、発展国での経験が乏しい。中国やインドといった今まさに発展している国をこの目でみて、自分の世界を広げたい。


インターン先の会社ですが、主に不動産を扱っており、東南アジアにオフィスをいくつか持っています。自分はマレーシアのオフィスに配属される予定。他には、シンガポール、フィリピン、香港、バンコクなどにオフィスを構えています。従業員数などの詳細は分かっていないが、東南アジアで大きな仕事をしていることには確か。

ここでの経験は絶対に将来の糧になるはず。自分自身の人生での目標のステップアップになるように、しっかりと学ぶ3ヶ月にする。


Saturday, April 20, 2013

ソーラン節本番!!

いよいよ本番の日が来ましたーーーー

1ヶ月半に及ぶ練習を経てとうとう本番での発表。メンバーが多かったので、練習をまとめたりするのがとても大変だったけど、楽しくやってきたし、本番前は本当にワクワクして早くお披露目したかった。

この本番のショーはけっこう大きなイベント。自分達だけでなく、他のグループもたくさんでていて、2時間の及ぶもの。自分らは真ん中あたりで初めからバックステージにて控えていた。

ソーラン節と言えば、誰もが小さい頃はやった経験のあるダンス。なんだーー子供のダンスか と言われそうであるが、実際にやってみてかなりの運動である。最初は皆筋肉痛になっていた。そのソーラン節もかなりいい感じに完成して、リハーサルではそこにいた人全員で拍手喝采になりその後の話題を独り占めにするまで。正直アメリカ人うけがめっちゃよかった。あとで皆から 俺も来年やらしてよ!と何度言われた事か 笑

さて、本番。ステージが真っ暗になり、我々が走って登場する。
想像以上の盛り上がりで歓声が絶えない。そこで、音楽が始まり踊りだす。
ステージが想定よりも小さいということも関係なく皆、どっこいしょ、ソーランと踊る。音楽が大きくて、もはや叫んでいたが、それもそれで気持ちよかった。

難しいフォーメンションも難なくやってみせ、誰もミスなく最後までいけた。

終わってみて、本当に気持ちよかった。その日で一番の拍手、歓声を浴びながらステージから去っていった。まさか、ここまで盛り上るとは 笑
みんなで何かをやり遂げるというのはやっぱり気持ちいいもんだなと感じた。

機会があれば、また挑戦したいが、卒業するのであとは後輩達に任せる事にする。

ショーの後も、会う人、会う人に かっこよかったよ、俺も来年やらしてよ と言ってもらい、一人天狗になってました。

これから、期末試験などに向けて、勉強が殺人的に忙しくなるので、ここから切り替えて残りの学期を乗り越えたい。

Wednesday, April 17, 2013

弟から学んだ


先日、弟と話す機会があった。今まで、滅多に会話をすることがなかった弟であるが、ここ数年でお互い成長し、最近はちょくちょくメールのやり取りをするようになった。

今回はボストンの爆弾テロで兄貴は大丈夫か?と聞いてきた。自分ランナーなので、皆てっきり自分がボストンマラソンを走っているのものだと思っていたらしい。参加しなかったので幸いであったが、本当に残念な事故です。犠牲者の冥福を願うとともに今後このような事が再び起きないのを願うばかりです。

その後、弟との会話は彼の現在の状況についてにかわった。というのも、現在、大学で部活停止をくらっているらしい。最初に聞いた時は あいつも俺の高校時代と同じような事をしてるなー くらいにしか考えていなかったが、話を聞いてみると本人なりに考えを持ち、その信念に基づいてとった行動のせいで部活停止になったの事。自分は陸上選手であるが、弟は自転車の選手。共に日本を代表するような選手で(自分の場合は過去形だが)、何かと似ているところがある。特に弟は世界大会に何度も出場するような、名の通った選手。

本人によると、チームで行動する際にどうしても、時間に遅れて来たりする人がいる。そこで、それを注意したりと、厳しくしていたら、部活停止になったとのこと。
大学がこんなに甘くていいのか、周りは何をやっているんだと本人は非常に怒っているというよりは、残念に思っていた様子。高校時代に厳しくやっていた分、さらにそういう甘い行動が許せないと。(これは自分と全く一緒)
もう、部活も学校も辞めてやると言い出したのだが、最終的にまだ、学校には残ると。学校辞めてもやりたい事がないので。

自分の中では弟はアホで何も考えず、未熟で何にも出来ないというイメージがあった。自分が家を中学卒業後に出て、それ以来あまり会ってないので、見ていないところで成長してるのは当たり前と言えばそうなのだが、それでも弟の成長には驚いた。特に自分に厳しくし、例え監督とぶつかりあっても、それを曲げない姿勢には学ぶものがあった。

若干長々と書いてしまったが、要するに弟も強くたくましく生きているという事実に感心した。自分も負けずに世界で戦うビジネスマンになる、

Saturday, April 13, 2013

この学期もあと1ヶ月

この学期も残すところあと1ヶ月くらいとなりました。

振り返ってみると、短く感じる学期であり、先学期と比べると忙しくはないものの、やる事はやりつつ、クラス以外の活動に力をいれた日々であった。仕事や、クラブ活動、プライベートなど、今までの人生ではあまり優先事項にならない面を充実させるのにフォーカスしていた。
大学の卒業を1年以内に控え、ただ勉強だけをした大学生活ではなく、様々な経験をしたほうが将来の役に立つという考えに基づいて、行動するようになった。

さて、あと1ヶ月を残していますが、これからもイベントが少し続きます。来週にはここ1ヶ月以上練習してきたソーラン節をグループで見せるかなり大きなショーがあります。学校に行事のなか(クラブ活動)で1番を争うくらい大きなイベントでその1部に我々も参加します。リーダーとして役目を今まで’果たしてきているが、まあーー色々とありました。
さらに3週間後にはマラソンも控えているので(膝痛のため出場が危ぶまれているが)、そちらの方もしっかりと目標をクリアーしたい。

もちろん、これから学校の課題や期末試験で凄く忙しくなってくるので、かなりの心構えをしなければ、、、アッパーのクラスばかりをとっているので、どの課題も試験も難しくなってきており、時間をかけてじっくりと取り組まないと悲惨な結果になるのは見えている。今のところクラスを落とすような点数は取っていないが、いままでの大学のと比べて、決していい成績を取れているわけではないので、最後はきっちりとしめて、気持ち良く学期を終わりたいものです。

そして何よりインターンの結果が気になって、毎日1時間おきにはメールをチェックする有様。どうにか早く決めたいものです。

最後のラストスパートだと思って、これから毎日、駆け抜けていく!

Wednesday, April 10, 2013

インターンシップはどうなった? 

先月に面接をした会社からの連絡がいまだに来ていない、、、、、2週間前に電話したところ、3月の終わりから4月のあたまに連絡します。と言われたものの、今日は10日。4月あたまはもう過ぎたとんでは?

連絡が来ないと言う事は駄目だったのかな と思うけど、面接の感触からは絶対に受かったはず。(かなり天狗になってますが、それ程自信があった) もしかしたら、ただ忙しくて、連絡をしていないだけかな。あまり就職活動などの経験はあまり無いので、会社がどのように対応するのか、あまりわからないです。

駄目だったらダメで次のインターンに応募する予定。興味のある会社が東南アジアにあり、現在、コンタクト中。むしろ両方受かったら、こっちの東南アジアの会社を選ぶかも。不動産投資の会社で東南アジアではかなり広範囲で活動している会社で自分自身凄く働いてみたいなとかんじる。

話は全く変わりますが、今日、為替投資のコンテストで優勝した!!!!!EUR/USDの価格の予想をするコンテストで自分の予想が実際の為替レートに一番近く、というか全くドンピシャであり、賞品を獲得!!! まさか優勝できるとは思わず、すごくびっくり。自分自身、為替の投資はしており、為替には普通の人よりは詳しいがまさか優勝とは、、賞品のシャツが届くのが楽しみです。

とにかく、早くインターンが決まるようにしたいです。



Tuesday, April 9, 2013

円安によるアメリカ留学生への影響

えーーーと日銀がメガ盛の金融政策をしてから円安が進んでいますね。

これ、自分のようなアメリカにいる留学生にはけっこう痛手です、、笑。日本の経済にはプラスなので構わないですけど。今日現在で99円台にまで上がり、もう100円が目の前です。

留学生には痛手と書きましたが、実際にどれくらいの影響があるのかというとまず授業料が約8000ドルとすると(自分の学校はおよすこの額)、1円上がると8000円高くなります。授業料に加え寮費、食事代など等々を加えるとけっこうな額になります。自分の生活基準では月に1400ドルくら使うので、1円あがるだけで、1400円高いです。

数ヶ月前までは、80円台なわけだったので、例えば80円の時と比べると約28000円も月に高く払っている計算になります(生活費)。 大学生にはけっこう堪える額です。
回りの友達も ”ヤバイなーー” とよく言っているを聞きます。

授業料にすると約15万もの差がでてきます。各学期に15万円も昔より払っていると聞くと凄く損した気分になります。これからさらに円安がすすむとなるとさらに生活が厳しくなりますね。

自分はあと半年程で卒業するのでそんなに影響を受けませんが、まだ学校に残る人は頑張ってください!笑


Sunday, April 7, 2013

グループをまとめるという事

人間生きていく上でどうしても避けられないのがグループワークであると感じる。仕事や行事、勉強、生活において、そうしても個人ではなく、共同でやらなければならない時が多々ある。それが好きな人もいれば、嫌いな人もいる。個々の個性があるなかで、グループと一つにまとめるのはやはり、時にして困難なものだなーと痛感する。

というのも、現在ある大きなイベントに向けてダンスのグループで練習をしており、そのまとめ役をしているのだが、もっと練習が必要なのに練習に来ない人もいれば、練習中にお喋りばかりして、毎回ダンスの説明する時に注意を払うように言わなければならないのが多々である。さらに加えて、チームが日本人だけでなく、アメリカ人や中国人もいるので、なおされ難しい。どうしても、自分の母国語で会話を始める人はいるものでそうなると、その他の人は何を言ってるのか全く分からない状態。自分は基本全部を英語で喋るようにしているが、皆が皆そうではない。言語の壁はやはり高いです、色々な意味で。また、真面目にやっている人もいれば、すこしふざけてやっている人もいて、チーム内でもすこし、熱の入れ具合に差を感じます。

そういう人がいるなかで、やっぱり思ったのは、”怒ってはいけない”ということ。怒ってしまうと ”何あいつーー” などと影言われたり、チームとして上手く機動していかなくなる。どんだけ腹が立っても怒らない。時には本当にムカつくが、そこは抑えて、普通に接するように心がけている。(最近日本では、激おこプンプン丸、と言うのを習った 笑)
かといって、甘やかすという意味でもなく、やる事はやってもらう。そこのバランスが未だに上手く見切れず、どうしたらいいのかなーーと分からなくなる日もあったりする。

あと二週間足らずで本番を迎えるので、全体練習をきちんと行い、本番でかっこよく踊れるように仕上げる! (自分はダンスがいかにもめっちゃ上手いみたいに話をしてますが、全然下手くそです、、、、ダンスがソーラン節なので、あんまりばれてないだけ)

Friday, April 5, 2013

Multicultural Festival

昨日に ISU ( International Student Union) と Asian American Student Association を中心として multicultural festival  が開催されました。
自分の学校には様々な国からの留学生が滞在しており、この日には総勢13カ国が各ブースを用意するのに加えて、何カ国かはステージでのプレゼンとクラブによるダンスのパフォーマンスがありました。

自分が学校にいる間は ISU というクラブは存在せず、今年からクラブを立ち上げて、活動を開始しています。さて、自分ですが、この日はブースで書道や折り紙を教えるほかにプレゼンをする一員に。自分の役は凄く短く、あんまり準備をしなくてよかったのですが、他の人はかなり準備してくれた様子でした。

しかし、プレゼンを前に問題が多発。まず、リーダーとなっている人がプレゼンをまとめる予定だったのにそれを全くしていない事が判明。メンバーの一人がその日の直前に仕上げるという結果に。ここで、話は終わらず、いざ、プレゼンとなった時に、コンピュータがフリーズ、、、ファイルを移せずに立ち往生。さらに、ファイルのビデオが作動しないというまさに泣きっ面に蜂の状態。良いプレゼンの内容だったのでよかったものの、どうしてここまで問題だらけなのだーーーとメンバーと怒っていた自分がいました。

フェスティバル全体としては大成功で、人もたくさん来てくださり、皆楽しんでいたと思います。新しい人にも会えて、プレゼンを除いて全部楽しかったです。

話は若干変わるのですが、現在膝が痛いです。マラソンの練習からきてるのか、ダンスの練習から来ているのかは、不明であるが、とにかく痛い、、、、早く治さないと大変なことになる。高校からの古傷であるが、上手く対処して、痛みが長続きしないようにしたい。