Wednesday, April 29, 2015

英語でプレゼンするにはやっぱり慣れが必要

学校もいよいよラストスパートとなり、今週、来週あたりにはたくさんのプレゼンがある。
今日も大きなプレゼン(45分)がチームであった。

英語での発表でまず、壁になるのが言語。第2ヶ国語という不利な立場ではあるけど、そんなのを考慮してくれるほど大学院は甘くなくアメリカ人と同じ扱いが普通かな。
慣れていない頃には何をいうかつまずいていたりしたけど、場数を踏むとともに、つまずいてもどう対処していけばいいのかが分かってくる。準備の段階である程度は何を言うのかが決まっているので、完全に何かを忘れたりとかはなくなる。

そして言語と同じくらい大切なのが心構え。(マインドセット)。まず、つっかえたりしてもいいんだと気楽に考えること。完璧にやろうとするとどうしても上手くいかない傾向にある。あと、”どうせ、皆聞いてないんだろ”くらいの感じでプレゼンするとスムーズにできることが多い。

最近、自分が一番気をつけているのは Body Language。話すときにやたら手が動いたり、落ち着きがないということにならないように最大限の注意を払っている。ものすごく見ていてプロだなーと感じてもらえるような動きを目指します。
というのも人間のBody language に凄く興味がわいてきて、嘘を見破いたりと、言葉でなく、体の反応でその人の心理状況を解明しようと研究中でプレゼンはそれを見るいい機会だった。

Monday, April 27, 2015

体を鍛えるということ。


社会人にもなると、仕事が忙しく運動する時間が極端に減ってしまうものだか、多くの成功者は定期的にエクササイズを欠かさずしている。アメリカのCEOは、専門のコーチを雇って週に何回が運動するくらいである。やはり、運動することで仕事の効率もあがるし、健康にいい。

どんなに忙しくても、体は鍛えようと突然思ったのも、今日友達とハイキングに行って運動のよさを再確認したからかな。現在、大学院で勉強漬けの毎日でまともな運動をしてなかったので、もの凄くいい気分転換になった。もともとスポーツ選手なので、運動すること自体は大好きでハイキング中はずっとハイテンションだった。

マインドに与える影響も考えたらなおさらもっと、運動しなきゃなーと感じた。

問題は、頭ではやらなければとわかっていても実際に行動に繋がらない点。自分の意思だけでは限界を感じるので、環境設定などを上手くして、(友達を誘ったり)継続的にジムでもランニングでもしようかな。

卒業まであと2-3週間で最後のラストスパートである。

Monday, April 6, 2015

MBAのクラスとはどんなの?

今回は少しだけMBAとはどんなものなのかを紹介します。

そもそもMBAとは Master of Business Administration(経営修士号)です。簡単に言うと、ビジネスの大学院であり、学校によるけど、さらに専攻があったりするよ。

働いた経験のある人がけっこういたり、仕事と両立している人が大学と比べると多いですな。

さて、本題のクラスですが、レクチャーのスタイルもあれば、ディスカッションもあり、ロールプレイなどど、クラスでやる事は多岐に及びますね。やっぱり、生徒と学生のインタラクションは多く、質問などはかなりします。日本の大学に行ったことがないので、日本との比較はできないけど、聞いた限りではやっぱりスタイルが随分違うのでは。

今回はディスカッションについて少しく紹介します。
ディスカッションでは、だいたい、2パターンあります。
一つ目は事前に準備をしてきて、みんなでどういう意見があるのかを話し合うやつ。読み物があって質問があるのが多いかな。例えば、ある会社のケーススタディで、どうして成功しているのか、このストラテジーはどうかなどを討議します。
二つ目、その場で先生、もしくわ生徒がディスカッションを始めるやつ。だいたいレクチャーとかをしている時にそこで疑問点が出てきたりしてディスカッションに発展したりする。

こちらでは誰かの意見に反対するのは普通のことでほとんどの人はためらわずに反対意見を言います。”いや、それは違うんじゃん”などは当然のように言います。あと、発言するときにはしっかりと理由付けをいうのも特徴の一つかと。ただ単にそう思うとかは言わない。

という感じがクラスの一部でした。


Friday, April 3, 2015

アメリカのハッピーアワーとは?

最近、友達とはまっているのが、金曜日のハッピーアワーに行って遊ぶこと。

日本のハッピーアワーに行ったことがないので、上手くは比較できないけど、自分の学校の回りでは、5時から10時頃までにバーに行くとエントランスが無料でチキンウィングも無料で好きなだけ食べられる。ベールも割安になっていて、ビール二杯を5ドル以下で注文できる。

さらに、ビリヤードを無料で使用可能で、かなりお得になっている。

ここで、チキンウィングを食べた後にビリヤードを練習するのが最近のマイブーム。

店によっては、色々とシステムが違うけど、どの店でも安く飲み食いできるのは間違いない。
夜ほど人が集まらないので、そのぶん色んな人としゃべったり、遊んだりとけっこうお勧めな場所である。