Wednesday, May 6, 2015

節目の挨拶の難しさ

先日、卒業生に向けてパーティを開いてくれて、当然のごとく卒業生からのスピーチみたいなのをしました。全く何を言うか考えなかったので、即興で話をしたんだけど、長くは喋りたくなかったので、簡潔に話した。けれど、話があんままとまってなかったし、上手く伝えられなかった感が半端なかった。

話した内容は目標にむかって努力するのは大切だけど、そのベクトルがちゃんと目標に向いてないとダメだよということ。言いたいことはたくさんあったけど、これが頭に思いうかんだので、それを3分くらいで話した。

こういう場でしっかりと話せる人とそうでない人ではかなり器というか、人間性が高くもしくわ低く見える気がする。

今ここで書いているのも、訓練の一つでもっと自分の意見をしっかりと言えるようになりたいな。

何かあったりトピックを決めて3分くらいでいい感じに話せるトレーニングを開始してみる。

No comments:

Post a Comment